読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫尾製作所

あまりアテにしないでね

新しい家族

雑記 猫のレン

気がつけば11月も今日と明日で終わり、明後日からは12月です。しかし、11月はいちどもブログを更新しなかったので、いわゆる『生存報告』をいたします……。
いや、そんなことしなくてはいけないほどの人気ブロガーではないくせに、ですが、やはり欠番になっている月があるのはどうも管理者としてはちょっといやげなものですから……。とはいうもののはてなハイクには書き込んでいましたけれども。

とりあえずは近況のご報告です。
前回の記事で言及していた名古屋への旅行はうまくいきました。

そして、そこから帰ってきてから、家庭内にも変化が。
家族に猫の『レン』が加わりました。


10月29日、つまり今日からちょうど1ヶ月前にうちに来ました。


というわけで、今日でうちにきてちょうど1ヶ月です。

「まだ1ヶ月」なんですよ、ずっと前からいっしょにいるような気がするけれど。

レンはおとこのこです。今年2012年の7月下旬生まれと推定されるらしいです。誕生日がはっきりしていないのは彼が元ノラであるから。恵まれない猫を増やしたくない、というおもいで活動を行っておられる方からいただいてきたのですよ。

私は彼に「レン」という名前を与えましたが、誕生日も与える必要がありました。猫は住民登録しなくてもいいので無理に決める必要がありませんが、いちおうの節目の日はほしいですからね。でも7月下旬なら私と誕生日が同じ時期です。私の誕生日と同じ日にすることも考えましたが、それはちょっと、と思って。

彼の誕生日はうちに来た日(10月29日)のちょうど3ヶ月前の「7月29日」に設定しておきました。うちに来た日が3ヶ月の誕生日です。29日の由来はそこからなんですが、「肉球」の語呂合わせとか、「なつく」の語呂合わせでもあります。何せ彼は猫とは思えないほど人懐っこくて。語呂合わせのほうはこじつけに近いですが。

で、今日は11月29日なので、彼も4ヶ月の誕生日を迎えました。子猫の1ヶ月間は人間の2年間ぐらい。やはり子どもの時分では2歳もちがえば、ということで。彼の中ではこの1ヶ月のあいだ、ものすごく長かったと思います。

けれど、猫とはいえど、この先10年も15年も生きる(生きてほしい)ので、まだまだこれからです。これからたくさんのおもいでがつくられるんだろうな。

というわけです。