読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫尾製作所

あまりアテにしないでね

次元解析(其之参)

今回は前回よりもさらに抽象的な物理量について解説いたします。質量と重量(重さ)というのは、よく相互に混同される概念です。というよりは、日常生活ではこのふたつは同義としている場面は多いのです。しかし、このふたつの違いは中学校の理科でも教わる…

次元解析(其之弐)

まずは、物理とは直接関係のないことから。算数で習う事柄の中でもとくに重要となってくる考え方でもって、次元のもつ特徴のひとつを説明します。あるスーパーマーケットの店先に、似たような格好のスライスチーズのパッケージが3種類並んでいます。どの製品…

次元解析(其之壱)

さて、お久しぶりの更新です。もう2013年も弥生3月。先月2月は月を通していちども更新しませんでした。今日は 昨年12月27日 に書くことを約束した「次元解析」についての記事を今頃になってようやく書かせていただきます。頭書きはこれぐらいにして。本題へ…

地球の運動エネルギー

今回は連載から外れた記事を書きますね。ご存知のとおり、地球は二つの意味で回っていますよね。それらは自転(自分で1日に1回転する、昼と夜の区別の発生因子)と公転(1年で太陽の周りを1回転する、季節の変化の発生因子)なのですが、最近、剛体の物理学…

より普遍的な単位系を考える(其之弐)

はてさて、我々のなれしたしんでいる単位系であるメートル法(物理学ではMKS単位法)というのは、地球上において比較的普遍的なものさしなのですよ、と前回述べさせていただきました。この単位系は地球の身体測定の結果をもとに、10進法を用いて定義されたと…

より普遍的な単位系を考える(其之壱)

我々がこんにちの日本で用いている単位は「メートル法」ですね。これは基本的には地球のサイズ(あるいはスペック)と10進法がベースとなっているのです。ただし、10進法を用いずに12進、60進も一部の場面で使われます。例えば、「時速50キロメートル」とい…